ギフトを贈るなら 相手を敬う気持ちが大切

ギフトとは相手を敬う気持ちが大切な贈り物

皆さんは年間を通してどれ位ギフトのやり取りをするでしょうか。ギフトという言葉について改めて考えてみると、プレゼントとは少し違った意味合いになってくると思います。
プレゼントのやり取りは、より身近な人ですとか、気軽にできる間柄で行われることだと思います。
それに比べてギフトというのは、かしこまって行われる贈り物だと感じています。
相手が目上の人の場合やや相手を敬う気持ちを持って贈る場合が多いからです。

私が相手にギフトを贈る上で心掛けていることをまとめてみたいと思います。

私がギフトを贈る相手というのは、特に面倒を見て頂いた恩師や昔お世話になった方、ずっとお世話になっている親戚の人、そして親がメインとなっています。
そして毎年コンスタントにというわけではありませんが、節目の時には友人も含まれます。
私はギフトを選ぶ時はより慎重に考え、失礼のないようにしたいと考えています。
なぜなら、ただ品物を贈りたいというだけではなく、日頃の感謝の気持ち、相手の幸せや更なる活躍、発展を願っている気持ち、そしてあなたは私にとってとても大切な人であるということを伝える贈り物にしたいと思うからです。

また、贈る品物も人によって様々です。

性別、家族構成、嗜好、趣味から考えて決めることもありますし、記念日ならではのものを選ぶこともあります。
贈るタイミングや状況によっても違ってきます。
贈る相手の家族にも喜んでもらいたいと考えれば、食品や飲み物でよいかもしれません。贈る相手が旅立ちや引っ越しを控えている場合には、飾って置けるものも選択肢に入るでしょう。いずれにしてもその時その時で臨機応変に対応しようと努力しています。
以上が私のギフトを贈る際に心掛けていることです。

私は贈り物をするのが好きです。

それは多分私の母がことあるごとにお世話になった方へギフトを贈っていて、贈っている母のうれしそうな姿を見ていたからだと思います。
これからも贈る相手のことを考えながら、少しでも喜んでもらえるようなものを選び贈りたいと思っています。

贈り物を今から調らべましょう

Copyright (C)2016ギフトを贈るなら 相手を敬う気持ちが大切.All rights reserved.